Financial Institution - 金融機関様

支援(融資)先である、お客様の経営・財政の強化、改善をサポートし、行内における債務者区分の
上位遷移へとつながるお手伝いをいたします。
また、お客様の実態を把握し、調整役として金融機関様との間に立ち、相互理解を深めながら
各プロセスのサポートに取組み、経営改善を図ります。
そして、窮境状況からの出口戦略の判断材料をご提供し、3年、5年先を見据えた継続可能な
経営状況への発展に貢献することで、金融機関様との取引の正常化と支援の継続を提供いたします。

  • お客様の把握

事業デューデリジェンス・財務デューデリジェンスによる、
お客様の透明化と実態調査による把握。

  • 経営計画書の作成

事業デューデリジェンス・財務デューデリジェンスを
基礎として、収益・P/L・B/Sの改善を盛り込んだ
経営計画書を作成いたします。

  • 支援方法のご相談

お客様に対し、どの様なご支援が可能であるか。
また、お願いできるのか、計画書作成段階からご相談を
させていただき、スムーズな合意形成に向けてのサポート
に取組みます。

  • 計画実行・モニタリングサポート

内部管理体制の整備や、差異分析により、計画の実行性を
把握し、計画の実行と乖離がある場合には、原因を分析し、
実行体制の修正等、対策を計ります。

  • 出口戦略

円滑化法はすでに終了し、平成27年3月に向けて出口戦略を
ボリュームつけて検討をする必要があると弊社では考えて
おります。
そのために、B/Sオフバランス計画による資産・債務の分離、
コア・ノンコア事業の切り分け、債務の圧縮、M&A、事業承継
など企業に応じてスキームの検討を加えてまいります。

当初計画の見直し作業 金融支援円滑化法の下作成した計画の、修正、再分析も行っております。
ページTOPへ