News - 新着情報

持続化給付金ログインできないとき
2020/05/01 

持続化給付金の申請手続きホームページが開設され、申請受付が始まりました。

ホームページはこちら

こちら、ログインでエラーが生じる事象があり、回避の一例をご案内させていただきます。

IDとパスワードを登録したのに、ログインできない というエラーが続発していると聞きました。

そんなときは、もう一度事務局より届いた仮登録完了メールのリンク先からホームページにアクセスし、
再度 IDとパスワードを登録することで、手続きを進められた、という事例があります。

念のため、IDは初回の登録とは違うものを使ったそうです。

初回は、例 KyufuKin 2回目は Kyufukin
パスワードは2回とも同じものを使用

初回はKを2つとも大文字 にしていたそうですが、2回目は頭文字(1つ目)だけを大文字 にした違い。

登録しなおし という効果なのか、大文字を1つにした のが良かったのか
理由は変わりませんがとにかく先へ進めた ということです。

パスワードがわからないということで、パスワード再設定のメールを要求したけれど
こちらは届かなかったとのこと。

また、申請が完了した というメールも来ていないそうです。

緊急事態宣言の延長も不可避の状況です。

申請はちょこちょこと様子見ながらあきらめずに行ってください。

持続化給付金の概要が発表されました。
2020/04/13 

経済産業省より、感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧とするための事業全般に広く使える給付金として、持続化給付金が発表されました。

給付額
 法人は200万円、個人事業者は100万円

※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

■売上減少分の計算方法
前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上げ×12ヶ月)
※上記を基本としつつ、昨年創業した方などに合った対応も引き続き検討されるとのこと。

支給対象
 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者。
 資本金10億円以上の大企業を除き、中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を広く対象とします。また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となります。
その他、申請に必要な事項の詳細等については、4月最終週を目途に確定・公表とのことです。

現状の発表内容はこちらからご確認いただけます。

雇用調整助成金の対象が広がりました
2020/04/13 

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、4月1日~6月30日の緊急対応期間中は、全国で、全ての業種の事業主を対象に、雇用調整助成金の特例措置が拡大となりました。

雇用保険被保険者でない労働者の休業も助成金の対象に含める。
また、生産指標要件を1か月5%以上低下と緩和。
助成率を 4/5 中小企業、2/3 大企業 また解雇を行わない場合は、9/10中小企業、3/4大企業 と助成率をアップしています。

助成金算定額の上限の1人1日8,330円というところは変更はないようです。


詳細はこちらからご確認ください。

次へ
ページTOPへ